下赤塚の美容室【Sepiage sept】 セピアージュ セプト>ブログ>現役スパニストが教える乾燥フケや痒みを引き起こす4つの原因

現役スパニストが教える乾燥フケや痒みを引き起こす4つの原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
現役スパニストが教える乾燥フケや痒みを引き起こす4つの原因

冬の乾燥

寒い季節はお肌の乾燥が気になりますよね、、

念入りにハンドクリームやリップクリーム、ボディークリームは塗るはずです。


しかし頭皮とお顔は1枚皮で繋がっています。

お顔や体のケアのみになってはいませんか???


この記事では乾燥によって起こる嫌な事からケアの仕方までしっかりお伝えしていきますね!


頭皮が乾燥する原因は??

空気の乾燥

気候
四季がある日本では、季節によって湿度が左右されます。肌に最適な湿度は60~65%と言われていますが、秋冬になるとこの数値を下回る日が多くなります。
ニュースや天気予報で「乾燥注意報」が出始めたら、保湿対策をスタートした方が良いかもしれません。

エアコンなど暖房器具
気温の低下に伴いエアコンなどの暖房器具を使い始めると、室内の湿度も低下してしまいます。また頭は暖房器具の風を直接受けやすく、より一層頭皮は乾燥しやすくなるのです。

夏の紫外線による影響


夏は紫外線がもっとも強い季節であり、知らず知らずのうちに大量に紫外線を浴びています。
紫外線によるダメージは髪の毛だけでなく、頭皮も受けるため、結果として秋冬に頭皮の乾燥を引き起こすことがあるのです。

洗浄力の強いシャンプー

一般的なシャンプーは、洗顔料やボディソープよりも洗浄力が強く作られています。洗浄力の強すぎるシャンプーは、皮脂や角質細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)などの、皮膚に備わっている保湿成分まで洗い流してしまいます。また、すでに乾燥してしまっている頭皮には刺激が強いので、かぶれなどの原因にもなりかねません。

乾燥しやすい地肌におすすめなのは、アミノ酸系の界面活性剤が使われているシャンプーです。洗浄力がマイルドで、頭皮を傷めにくくなっています。

熱いシャワーでの洗髪

寒い季節になるととくに、熱湯くらいの温かいお湯でシャワーすると気持ちいいですよね。

しかし、こちらも乾燥の原因に、、、、

夏場よりも高温のお湯で洗髪する冬は、頭皮の皮脂が必要以上に奪われ乾燥しやすいのです。

ぬるま湯で1日1回くらいがちょうどよいでしょう。


ドライヤーの当てすぎ

頭皮にドライヤーを当てすぎないよう注意してください。頭皮は地肌ですので熱を当てすぎると乾燥肌となり、頭皮環境を悪化させる原因になります。
そのためにも多少疲れますがドライヤーを小刻みに動かし続けるのがコツです。髪の毛先は放っておいても自然乾燥しやすく、雑菌の繁殖も少ない箇所です。
重点的に乾燥させるべきは頭皮と毛先の中間地点部分です。この辺りがざっくり乾けばその後の自然乾燥も早まります。


乾燥すると何が起きるのか

頭皮の痒み

気が付くと頭を掻いちゃうくらいにいつも痒いなんてことに、、、、

頭皮を傷つけやすく炎症を引き起こしてしまいます。

頭皮が炎症するととそこから雑菌入ってしまい頭皮の匂いや、皮膚炎につながることもあります。

フケ

頭を掻くと、細かく落ちてくるフケです。その正体とは、乾燥して剥がれ落ちた角質です。

不潔に思われてしまうのではないかと穏やかではいられませんね。

乾燥による抜け毛

正常な頭皮であれば、必要な栄養分が十分に届くので髪の成長が促進されるのですが、乾燥することにより血行不良に陥ります。

そのため、栄養分が届かず抜け毛につながってしまいます。

毛髪のパサつき


抜け毛の件でもお話しましたが


髪の毛のパサつきは、髪の乾燥や栄養状態の悪化などから起こります。

同じように、頭皮が乾燥したり、栄養不足になったりすると、抜け毛が起こってしまう場合があります。

つまり、髪がパサついてきたら、抜け毛のリスクが高まっている可能性があるのです。


予防方法は???

乾燥を予防し、フケや痒みのトラブルを未然に防ぐには、日ごろのケアが大切です。


紫外線による刺激を避ける

頭皮が乾燥する原因のひとつに紫外線の刺激もあります。

頭皮は日焼け止めを塗るのが難しい部位なので、日傘や帽子による対策がおすすめです。


ローションやオイルで保湿ケアを行う

シャンプー後、ローションやオイルなどで頭皮の保湿を行うことも、とても有効な手段です。

おすすめはこちらです↓↓


MIYABINAスキャルプローション

頭皮に潤いを与える頭皮用化粧水です。

加齢や外的ストレスによる乾燥や炎症を改善し、美髪の土台となる頭皮に潤いを与え、健やかな頭皮を育みます。

生活習慣にも気をつける

頭皮も肌の一部なのだということを忘れてはいけません。肌荒れなどのトラブルと同じように、頭皮の乾燥も、偏った食生活や不規則な生活が原因で起きる場合があります。

皮膚のうるおいを保つ角質の細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)は、ターンオーバーの過程で生成されます。そのため、ターンオーバーが乱れると頭皮の水分保持力が低下し、乾燥してしまうのです。

バランスの良い食生活、十分な睡眠と規則正しい生活は皮膚の免疫力を高めたり、ターンオーバーを整えたりしてくれるため、

生活習慣を改善することも頭皮の乾燥対策として有効です。特に、ビタミンB2やB6は、皮膚の再生やターンオーバーにかかわるため、積極的にとるようにしましょう。


なお、シャンプーや保湿、頭皮マッサージといったヘアケアを見直しても頭皮のかゆみやフケ、抜け毛といったトラブルが改善しない場合は、自己判断をせず、皮膚科を受診するようにしてください。


宮下 敦

宮下 敦

Written by:

初めまして!

スタイリスト.ヘッドエスティシャンのAtsushiです

 

カウンセリングをしっかりしお客様のなりたいを叶えられるよう日々意識しています。

スタイリストとしてはもちろんヘッドエスティシャンとしてお客様の5年、10年後の髪、頭皮、お顔のサポートもさせて頂きたい。

そう思っています。

よろしくお願いします。

指名して予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

宮下 敦は、こんな記事も書いています。

  • 話題の泡立たないシャンプーのもたらす効果

    話題の泡立たないシャンプーのもたらす効果

  • ヘアカラーが長持ちするシャンプーの選び方とは

    ヘアカラーが長持ちするシャンプーの選び方とは

  • 大切なお知らせ

    大切なお知らせ

  • ヘアドネーション

    ヘアドネーション

  • 現役スパニストが教える乾燥フケや痒みを引き起こす4つの原因

    現役スパニストが教える乾燥フケや痒みを引き起こす4つの原因

  • ヘッドスパで最高の土台作りを

    ヘッドスパで最高の土台作りを

新着ヘアスタイル

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス